日本語

HOME > 日本語 > 教育・研究組織 > 学部・大学院の概要

HOME

「世界から富山大学へ」研究者・留学生向け情報

学部・大学院の概要

学部

人文学部

思想・文化・歴史・言語・社会・心理・文学などに対する多様なアプローチで、人間への理解を深める知的探求の場です。1学科7講座のもとに24の多彩な教育研究分野があり、人間や社会に対する幅広い視野と洞察力、豊かな国際感覚を身につけることができます。日本・中国・韓国・朝鮮・ロシアなどの地域の諸相について学べるのも本学部の特色です。

学科名講座名
人文学科 人間科学、歴史文化、社会文化、国際文化論、
東アジア言語文化、英米言語文化、ヨーロッパ言語文化

人間発達科学部

「混迷の時代を拓く教育力の育成」をコンセプトに、「発達教育学科」と「人間環境システム学科」の2学科6コースを設けて、 教員養成学部というこれまでの枠にとどまらず、生涯教育時代にふさわしい先進的な教育カリキュラムを提供します。学校教育・生涯教育・社会教育から企業内教育まで、さまざまな教育の場面で活躍できる持続可能な自己教育力を持った人材の育成を目指しています。

学科名コース名
発達教育学科 教育心理、学校教育、発達福祉
人間環境システム学科 地域スポーツ、環境社会デザイン、 人間情報コミュニケーション

↑ページの先頭へ

経済学部

経済、経営、法律を横断的に学べる社会科学系総合学部です。昼間主コースには7つの履修コースがあって、 将来の職業を意識しながら、明確な目的意識を持って学ぶことができます。また、働きながら学ぶ社会人等を対象とした夜間主コースも設けられ、多様な学生が学んでいることも特徴です。企業のトップをはじめ、社会で活躍中の実務家による特殊講義も数多く用意されています。

学科名コース名
経済学科 社会経済システム、国際・地域、公共政策、ファイナンス
経営学科 戦略経営、国際・地域、企業経営と法律、ファイナンス
経営法学科 法律職、企業経営と法律、公共政策、ファイナンス

理学部

自然界を律する基本的な原理や法則の探求を使命とする学部です。最先端の研究を通じて、専門知識と問題解決能力を持った人材の育成を目指しています。また、広い視野から問題解決にあたる応用力を育成するため、専攻分野以外の専門基礎科目を必修科目としています。更に、外国人教師による科学英語の講義やeラーニングなど、時代のニーズに応える教育システムの構築にも力を注いでいます。

学科名教育分野名
数学科 数理解析、情報数理
物理学科 物性物理学、量子物理学
化学科 反応物性化学、合成有機化学
生物学科 生体構造学、生体制御学
地球科学科 地球圏物理学、地球ダイナミクス、地球進化学
生物圏環境科学科 環境化学計測、生物圏機能

↑ページの先頭へ

医学部

東西医薬学の融合を理念に、慈愛の精神にあふれ高い技術をそなえた医療人の育成を目指しています。医学科と看護学科の2学科があり、同じキャンパス内の薬学部とも緊密に連携を図っています。医学科専門課程では臓器別の統合的カリキュラムと少人数問題解決型の教育を導入しています。看護学科では科学と人間性の調和を重視した教育を行い、卒業生は就職先の病院からも高い評価を受けています。

学科名講座名
医学科 解剖学、統合神経科学、生化学、再生医学、病理診断学、病態・病理学、感染予防医学、免疫学、ウイルス学、分子医科薬理学、放射線基礎医学、保健医学、公衆衛生学、法医学、医学教育学、システム情動科学、分子神経科学、内科学(第一)、内科学(第二)、内科学(第三)、皮膚科学、小児科学、精神神経医学、放射線診断・治療学、外科学(呼吸・循環・総合外科)、外科学(消化器・腫瘍・総合外科)、脳神経外科学、整形外科・運動器病学、産科婦人科学、眼科学、耳鼻咽喉科頭頸部外科学、腎泌尿器科学、麻酔科学、歯科口腔外科学、臨床分子病態検査学、和漢診療学、危機管理医学、臨床腫瘍学
看護学科 基礎看護学1・2、成人看護学1・2、小児看護学、母性看護学、老年看護学、精神看護学、地域看護学、人間科学1・2
(学科目名) 人間文化科学、生命健康科学、自然情報科学

薬学部

薬学部は、薬剤師養成の6年制課程と創薬研究者養成の4年制課程を併設し、一世紀以上の伝統を有する学部です。最新の薬学から伝統医薬まで幅広く学べることが大きな特長で、薬都ならではの特色ある研究教育は高い評価を受けています。医学部、附属病院、和漢医薬学総合研究所が同じキャンパス内にあるメリットを生かし、薬剤師と研究者の双方を育成しています。

学科名研究室
薬学科(6年制)
創薬科学科(4年制)
薬剤学、応用薬理学、生体認識化学、がん細胞生物学、薬化学、薬品製造学、分子神経生物学、遺伝情報制御学、
分子細胞機能学、薬用生物資源学、分子合成化学、生体界面化学、構造生物学、薬物生理学、医療薬学、植物機能科学、病態制御薬理学、医薬品安全性学、薬物治療学、保険薬局学
(学科目名) 人間文化科学、生命健康科学、自然情報科学

↑ページの先頭へ

工学部

近年の社会の変革と急激な技術の革新に合わせて、工学教育も多様化、個性化、専門化へと進んでいます。また、工学倫理や生命倫理に基づき、地域社会や国際社会に貢献できる人が強く求められています。これらの観点から、工学部では、広く深い教養と専門的知識の修得はもとより、それらを諸課題に応用できる独創性教育、地球や人間に優しい環境教育、国際社会に対応できる語学や情報教育を重視し、豊かな人間性をもった優秀な研究者・技術者を育成しています。

学科名講座名
電気電子システム工学科 電気システム工学、通信制御工学、電子物性デバイス工学
知能情報工学科 知能システム工学、マルチモーダル情報工学、メディア情報工学
機械知能システム工学科 設計生産工学、エネルギー・環境工学、機械制御情報工学
生命工学科 生命工学
環境応用化学科 環境応用化学
材料機能工学科 材料機能工学

芸術文化学部

芸術文化学部は1学科5コース制。芸術文化の「創り手」(芸術文化の理念と技能を継承し、発展させていくことのできる人材)と「つなぎ手」(芸術文化を深く理解し、社会に定着させていくことのできる人材)を育成することを目的とし、各コースの専門領域教育を行う一方で、社会環境の変化や地域からの多様なニーズに柔軟に対応できるよう、幅広い教養が身につくカリキュラムと独自の履修システムによる融合教育を行っています。

学科名コース名
芸術文化学科 造形芸術、デザイン工芸、デザイン情報、
建築デザイン、芸術文化キュレーション

↑ページの先頭へ

大学院

人文科学研究科

広くかつ深く身につけた高度の人文科学的教養を背景に、深い人間理解の能力を持ち、視野が広く見識に冨み、様々な課題に対処できる高度専門職業人として、さらに21世紀を生きる倫理観を備えた創造力に富む市民として、地域に根ざしながらグローバル化時代を自立して生きていく能力を持つ社会人の育成を目指します。
1専攻15の研究分野を置き、多彩な専門性を持つ大学院です。日本・中国・ロシア及び朝鮮半島の諸地域について専門的に研究できるのも本研究科の特色です。

課程専攻名
修士課程 人文科学専攻

人間発達科学研究科

発達教育専攻と発達環境専攻の2専攻からなっており、地域社会における広義の教育の一翼を担う人間発達の支援・促進及び人間発達の環境条件の改善・充実に関する高度の専門的能力と高い指導性を備え、地域社会の持続的発展において主導的役割を果たし得る教育人材を養成しています。

課程専攻名
修士課程 発達教育専攻
発達環境専攻

↑ページの先頭へ

経済学研究科

地域・経済政策専攻と企業経営専攻の2つの専攻があり、高度な専門知識を有する経済人の育成と経済学、経営学、法学の研究者の養成に取り組んでいます。経済社会の情報化、国際化などに対応できるように、経済学、経営学、法学という社会科学の主要な分野を広範囲に、かつ、学際的に教育・研究することができるという特徴を備えています。さまざまな分野における現実の諸問題を創意工夫して解決することを狙いとした実務的な授業科目を多くし、また、新しい専門領域を加味した現代的な授業科目を設けています。

課程専攻名
修士課程 地域・経済政策専攻
企業経営専攻

芸術文化学研究科

総合芸術を基盤とした人間の文化活動全般を教育研究の対象とし、独自の表現法とその成果の社会的活用という観点から、多角的研究手法による実践的研究を通じて、これからの社会において、学芸の深化を実現させる教育研究を通し、芸術の成果を活用して心豊かな地域文化を創生するために、先導的役割を担う人材を養成することによって社会の創造性を強化することを目的としています。

課程専攻名
修士課程 芸術文化学専攻

↑ページの先頭へ

教職実践開発研究科

教職実践開発研究科は、富山大学と富山県教育委員会の強い連携・協働体制の下、学校現場が抱える今日的教育課題について深く理解し、高度な専門性と実践力、高い課題解決力を備えた、"チーム学校"の牽引役となるスクールリーダーの養成を目指します。

課程専攻名
専門職学位課程 教職実践開発専攻

生命融合科学教育部

生命融合科学教育部では、脳神経系を中心とした生命システムの解明からヒトの健康維持・支援に関わる物質や機能材料及び情報・機械システムの開発までを視野に入れた先端的な知識と技術を教育し、これからの先端生命科学技術、高齢化福祉・高度医療、生命環境などの社会活動分野において、領域横断的に活躍できる人材を養成することを目的として設置されています。医・薬・理・工という4つの大きな学系が生命科学に結集して教育にあたるのは我が国でも初の試みです。また、障害を持つ学生に開かれた大学院教育を目指し、障害者の視点と感性を導入・共有して新しいスタイルの教育・研究を展開します。

課程専攻名
博士課程 認知・情動脳科学専攻(4年制)
生体情報システム科学専攻(3年制)
先端ナノ・バイオ科学専攻(3年制)

医学薬学教育部

医学薬学教育部は、医学から薬学にわたる幅広い知識を基盤に、高い専門性と人間尊重の精神を基本とする人材育成を目標として、修士課程と博士課程を有する教育部として設置されています。学術研究の進歩や社会に積極的に貢献する特色ある研究教育を通じ、総合的な判断力を備える優れた人材育成を行っています。

課程専攻名
修士課程 (医学領域)医科学専攻
博士前期課程 (医学領域)看護学専攻
(薬学領域)薬科学専攻
博士後期課程 看護学(3年制)
薬科学専攻(3年制)
博士課程 生命・臨床医学専攻(4年制)
東西統合医学専攻(4年制)
薬学専攻(4年制)

↑ページの先頭へ

理工学教育部

修士課程においては、理学部、工学部の学科構成に対応した各分野における専門的知識と課題探求・課題解決能力を有する高度専門職業人となる人材を養成しています。
博士課程においては、理学及び工学分野の積極的融合により新たな学際領域、数理・ヒューマンシステム科学、ナノ新機能物質科学、新エネルギー科学及び地球生命環境科学の分野における科学・技術の高度化に対応でき、独創的な研究能力を有する研究者や地域産業の中核的担い手となる高度専門職業人を養成しています。

課程専攻名
修士課程 (理学領域)
数学専攻、物理学専攻、化学専攻、生物学専攻、地球科学専攻、生物圏環境科学専攻
(工学領域)
電気電子システム工学専攻、知能情報工学専攻、機械知能システム工学専攻、生命工学専攻、環境応用化学専攻、材料機能工学専攻
博士課程 数理・ヒューマンシステム科学専攻
ナノ新機能物質科学専攻
新エネルギー科学専攻
地球生命環境科学専攻